元気塾: 中小企業経営者と自らの自己研鑽を目的に元気塾を開設し、元気印の企業が増えることを願って活動しています。元気塾主宰 疋田文明

疋田文明
中小企業経営者と自らの自己研鑽を目的に元気印の企業が増えることを願って活動しています。
元気塾へのお誘い 活動と会員制度のご案内 入塾/お問い合わせ
活動実績 注目企業紹介 連載コラム
元気塾
経営の現場は『知恵の宝庫』
疋田文明が注目する元気印企業を事例に
勝ち残る企業像、あるべき経営者像を
経営者のみなさまと共に探求します。
更新履歴
2021/
2/22
ミドル層のための『出前・元気塾』を開始いたしました
2021/
2/22
若手社員のための『出前・元気塾』
経営セミナー 『経営トップの果たすべき役割とその実践法』 ~講義録 頒布のご案内~
 
ミドル層のための『出前・元気塾』(全6回)
~部下をもつ上司が変わらなければ、会社は変わらない~

開催主旨

私は(疋田文明)は、「経営者が変われば会社は変わる」との信念で「元気塾」を主宰してきました。その考えはいまも変わりはありませんが、最近は、経営者とともにミドル層も変わらなければ会社は変わることができないと、痛切に感じています。

より現場に近い社員を直接リードするミドル層のあり方次第で、会社は成長しもすれば衰退しもします。企業は小さな組織の複合体です。それだけに、それぞれのユニットごとに、経営者と同じ思いを共有しながら、組織をリードする人材が求められているのですが、多くの企業で、ミドル層が機能していない姿が見受けられます。ミドル層がその役割を果たしていない企業は、いくら戦略に長けていても、持続的に成長することは難しいでしょう。どんなに優良な経営者でも、その能力には限界があります。その限界を打破するのが、第一線で働く人たちをリードするミドル層なのです。

組織と部下をリードすることのできるリーダーになるために、身につけておかないといけない能力とはどのようなものなのでしょうか。この講座では、部下をもつミドル層が身につけるべき「経営力」を鍛える」ことを目的としています。

疋田 文明


実施要領

  • 御社の所在地にお伺いして開催します。ズームでの開催も可能です。
  • 1回 3時間✕6回が基本コースですが、実施方法については臨機応変に対応します。
  • 費用: 6回実施で72万円(税別)
  • ご検討いただける場合は、こちらのお問い合わせページより、「お問い合わせ内容」の冒頭に「ミドル層のための出前・元気塾希望」とご記入の上、その他ご要望を添えてご連絡下さい。

主なカリキュラム

ミドル層の果たすべき役割

  1. 部下を活かし、育てる。
  2. 自部門のチーム力を最大限に発揮して会社に貢献する。
  3. みずからの能力を高める。

役割を果たすために身につけてほしい「経営力」

  1. 観察力⇒経営力の基礎となる力。
  2. 想像力⇒人間誰もが生まれついてもつ力。
  3. 発想力(思考力)⇒知恵は競争力の源泉であり、コストゼロの無限の経営資源。
  4. 行動力⇒ビジネスでは行動がすべて。行動なきアイデアはたんなる思いつきに過ぎない。
  5. 徹底力⇒優良なビジネスは、結果がでるまでやり抜く。
  6. 決断力⇒決断力のないリーダーに人はついてこない。
  7. 人間洞察力⇒ビジネスでいちばん難しいのが、ピープルマネジメント。
  8. コミュニケーション能力⇒よい人間関係を構築する。
  9. 人材育成能力⇒社員の成長なくして会社の成長なし。
  10. 組織統治能力⇒個人の能力の限界を打破するのが組織の力。
  11. 問題解決能力⇒問題のない組織はない。問題のない組織は腐敗する。
  12. マーケティング力⇒顧客起点でビジネスを考える。
  13. 数値把握力⇒数値で現実の姿を把握する。

若手向けはこちら>>

 
  Fumiaki Hikita Official Site  
  このページをご覧頂くためには、Macromedia Flash Player が必要になります。 Copyright(c) 2005 Fumiaki Hikita Official Site. All rights Reserved.